梅雨が来れば思い出す・・・

  • 2019.06.08 Saturday
  • 09:02

皆様、お元気でお過ごしでしょうか。

6月も中旬に差し掛かり、

甲信越地方は梅雨に入りました。

梅雨に入ると雨が降りやすく、

山映閣の長所である景色が

限定されてしまうため、

二の足を踏まれてしまう方が多いかと思いますが、

梅雨には梅雨の良さがあります。

 

私が、こう確信を持って言えるようになったのは、

理由があるのです。

 

・・・今を去ること数年前、

私がまだ入社したての頃でした。

ちょうど、今頃の季節、

しとしとと、霧雨が降っていた日の事です。

 

いつも通り、レストランでお客様に朝食を出しておりますと、

台湾から一人旅でいらっしゃった男性のお客様が、お食事をしながら、

ずっと雨の降る北アルプスを眺めておりました。

・・・当然、雨降りなので、薄霧に覆われています。

 

「遠くからお見えになったのに、

あいにくのお天気ですね。」

 

私がそう、声をおかけすると、

 

「いや、そんなことはないですよ。

山は女性と同じで、雨降りがいいんです。」

 

『そうですね。山も女性も、濡れている方がいいですよね♪』

 

・・・危うく、そうお応えしそうになりましたが、

なにかが、おかしいと思い、思いとどまりました。

(意味が分からないチビッ子は・・・大人になればわかります。)

しかし、お客様にはどうやらお見通しだったようで、

 

「いや、そういう意味じゃないです(笑)

山が、白くなっているのは、白粉をはたいているんですよ。

遠路はるばる来た、私の為に薄化粧をしてくれているんです。」

 

 

・・・私たちは雨が降ると「悪天候」と、つい考えてしまいがちですが、

こういった「詩的」な考えを持つことができる台湾の文化に

心から感服しました。

 

 

皆様も、薄化粧を纏った美しい山々を是非ご覧になってみてください。

きっと何かを感じていただけることと思います。

 

支配人補佐

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM