事実は小説より奇なり

  • 2018.08.01 Wednesday
  • 00:26

梅雨前線が過ぎ、本格的な夏がやってまいりましたが、

いかがお過ごしでしょうか?

昔から、「事実は小説より奇なり」と申しますが、

私たちスタッフも毎日お仕事をしていれば

いろいろなことに遭遇します。

今日は私の友人がやらかしたエピソードを

ご紹介します。

私の友人はホテルに勤めており、フロントマンをしております。

その日は、朝からお天道様のご機嫌が悪く、

曇天模様が広がっておりました。

 

信州では、大雨が降ることを

人に見立てて、「大勢さんでやってくる」と申します。

 

まさにいつ、大勢さんでやってきてもおかしくない

お天気模様でした。

 

午後に入り、

チェックインが始まる時間に合わせたかのように、

バケツをひっくり返したような大雨が

降り始めました。

 

その時、ホテルに来館されたのは、

5人家族の親子連れの皆様でした。

皆さん、豪雨に見舞われて、ぬれねずみ状態です。

旦那さんがチェックインのお手続きをしているときに、

奥様がタオルでお子様やご自分の雫を拭っておりました。

 

友人はその奥さんに向かって、

「いや〜…来るか来るかとは思っていましたが、

やっぱり、大勢さんできましたね〜(^_^)/♪」

と、お声がけをしたら、

「あ゛? (#゚Д゚)」

・・・明らかにご機嫌を損ねたようでした。

 

そうなのです。

友人は「大雨が降ってきた」

と言いたかったのですが、

お客様は

「大家族で来館した」

と解釈されたのです。

 

すぐに友人は、誤解されたことに気づき、

「あっ、信州では、大雨が降ることを、『大勢さんで来る』と言うんですよ。(;^_^A 」

「あら、そうなの?

このホテルでは、みんなで来ちゃいけないのかと思った。(*´∀`)クスクス」

…と、笑い話になったそうです。

 

 

………なお、この話には後日談があり、

彼が仕事仲間に、

「大雨が降ることを、『大勢さんで来る』っていうよね?( ⌒▽⌒)♪」

ってみんなに聞いたところ、

「言わな~い(;´∀`)ノシ」

…自分が少数派だったと思い知らされたそうです。

 

 

でも、昔の信州人は確かにそういっていたんですよ!

………………と、友人は申しておりました。

 

支配人補佐

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM